代表プロフィール:山中恵美子(SSゼミナール,APマスターズ代表)

ご挨拶

ご覧いただきありがとうございます。

縁あって出会った子どもたちに、幸福を感じられる未来につながる学びを提供すること。教育指導を通して、人として大切なことを伝えること。これらを使命として、SSゼミナールは2009年に兵庫県西宮の地からスタートし、現在は大阪・東京・神奈川を加えた4エリアで運営しております。

私自身二児の母として、子どもの勉強、支える側の大変さを経験しております。設立前の当時、中学受験を希望した長男を応援すべく、数多くの大手進学塾や個別指導塾を見て回りましたが、部活動も頑張っていた本人の都合に合う塾がなく、残念な思いをしました。

このように、ピッタリ合う塾がなく納得はしていないけど「とりあえず塾に通わせている」という方は少なくないのではないでしょうか?そんな保護者様の選択肢の一つになればと思い、親目線から「わが子を通わせるならこんな塾」をコンセプトに当塾を設立、運営しております。

これまで通塾された8割以上の生徒が、ご紹介による入塾で、多くの方々に支えていただいております。今後も、多くの子どもたちと接してきた経験、10年以上かけて培ってきた指導ノウハウを活かし、子どもたちの成長をサポートさせていただきます。

お子様の塾選びでお悩みでしたら、お気軽にご相談ください。

プロフィール詳細

・大阪府生まれ

・甲南大学法学部卒

・大学在学中に日本珠算連盟講師資格取得。学生時代より、珠算指導を開始

・卒業後、関西テレビ放送株式会社勤務

・2003年:自身のそろばん塾を開校。延べ2,000人以上を指導

・2009年:学習塾を開校。現在、現グループ30校舎(個別指導SSゼミナール, 大学受験予備校APマスターズ

・約2万人の生徒が卒業・学習塾にて、学習効果を上げる方法の一環として、速読を取り入れる。これが後の「瞬読」となり、生徒が次々と難関校に合格。

・瞬読は保護者にも知られ、やがてはビジネスパーソンにも広まり、瞬読のみの講座が開講し好評を博す。

・現在受講生は2,800名を超え、「わずか1時間半のトレーニングで何倍も速く読めるようになった」「いろんな速読を試すも失敗が続き、瞬読でやっとうまくいった」「老眼の進んだ70歳でも成功」など、喜びの声が殺到している。

・『瞬読』の著書はシリーズ累計15万部超えのベストセラーに。

・TSUTAYA書店、関西大学梅田キャンパスMeRISE、北海道新聞社、阪神電気鉄道および阪急交通社などにて、外部セミナーも開催。その他、TV・ラジオなどメディアにも多数登場し、全国に瞬読を広めている。